Watson APIを活用した英訳するPepperコントローラー

Python GUIを使ってWatson APIを使用したペッパー用コントローラーの作成方法

Watson APIの「LanguageTranslator」を使用したペッパー用コントローラーの紹介です。

英訳ボタンを押下すると、入力した日本語を英訳してくれます。

開発にはPythonを使用しています。

Watson APIをPythonで開発したみたい方は是非参考にしてみて下さい。

 

ソースコードのダウンロードはこちら → LanguageTranslator.zip

 

コレグラフからWatson APIを使用したい場合や、まだBluemixでWatson APIアプリ(LanguageTranslator)を作成していない方は以下の記事を参考にしてください。

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

 

開発環境の準備方法

Python SDKをインストールしていない方は、以下の記事を参考にインストールしてください。

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

Python SDK環境のセットアップができたら、次はBluemixからWatosn APIを使用できるようにするためのモジュールをインストールします。

ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力してモジュールをインストールしましょう。

これでPythonからBluemixのWatson APIに接続できるようになりました。

 

ソースコードの説明

特に難しいことはしていません。

def __init__(self):でGUIを作成し、各関数でボタンを押下した時の振舞を定義しているだけです。

 

実行して、バーチャルPepperが英訳したら成功です。

実機では確認していませんので悪しからず。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP