視覚的特徴を画像から抽出する「画像解釈アナライザー」

ソースコードをダウンロードしよう




画像解釈アナライザーとは

AI coordinatorの画像解釈アナライザーを使えば、物や顔、成人向けコンテンツの判定、自動生成されたテキストの画像説明文など、さまざまな視覚的特徴を画像から抽出することが可能になります。

すぐ試せる体験版はこちら

様々な視覚的特徴の抽出が可能

サイドバーから抽出したい特徴を選択して、画像をアップロードすれば視覚的特徴を分析した結果を表示致します。

画像解釈アナライザーの特徴的な機能

画像の説明をチェックすれば、眼鏡をかけた男性、草の上にいる犬といった画像の説明文を生成致します。
画像の種類をチェックすれば、画像のカテゴリー分けが可能です。車や屋外、道路、人、雑誌など、数多くのカテゴリー分けを実現できます。

年齢性別識別をチェックするば、画像内に写っている顔から年齢や性別の表示が可能です。
物体検出をチェックすれば、1万種類の物体を検出することが可能で、画像に写っている物体をより詳細に即座に検出することが可能になります。
表現チェックでは成人向けコンテンツであるか、性的表現が含まれているかをチェックすることが可能です。

アートチェックやカラーチェックでは、クリップアートであるのか、線画なのかのチェックができ、画像の色味も識別することが可能です。
タグの発見では、画像から得られるキーワードとなる単語を複数抽出することが出来ます。

AI coordinatorの画像解析アナライザーを使えば、これまで難しかった画像からの情報取得が可能になり、大量に取得した写真からの情報を瞬時にマーケティングや営業活動に使えるデータとして取得することが可能になります。

お問い合わせはこちらから

システム導入の相談は無料です。お客様のご要望に応じた環境でご提供することも可能です。ぜひ気軽にAI coordinatorまでお問い合わせください。

アバター
Hideki Shimizu
Linkedlnからのお問い合わせはこちらから。
お気軽に連絡ください!
アバター
Hideki Shimizu
facebookからのお問い合わせもできます。
遠慮なくDMください!
アバター
Hideki Shimizu
Wantedlyでもお問合せ可能です。
お気軽に質問ください!

AI coordinatorでは、未経験の方でも簡単により実践的に扱えるソースコードを低価格で販売を開始しています。
pip installコマンドが普通に扱える方であれば、すぐに起動できるソースコードになります。
以下のリンクからソースコードをダウンロード出来ます。ぜひ学習用に使ってみてください。

すぐ試せるpythonプログラムソースコードをダウンロードしよう