AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

20173/5

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 Windows編

前回に続き、今回はWindows環境でのPepper用Python SDK のセットアップ方法について解説致します。

ここで紹介する手順に則ってPepper用Python開発環境を整備して頂ければ、問題なくPythonでのPepper用アプリの開発ができるようになります。

初心者方向けに紹介していますので、これからWindowsにPepper用Python SDKを整備してアプリ開発を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

ここで紹介するWindowsのバージョンは、Windows10で紹介しています。

ただ、どのバージョンでもセットアップ手順は一緒になりますので、バージョンが違うWindowsのお持ちの方でも参考になるはずです。

 

公式ページからPython2.7系のインストール

まずは公式サイトにアクセスして、Windows用のPython2.7をインストールしましょう。

下記画面を参考にダウンロードしてください。

 

ダウンロードが環境すると「python-2.7.13.msi」といったセットアップファイルが出来るので、ダブルクリックして起動しましょう。

上記アイコンをダブルクリックするとインストールが始まります。

 

下のセットアップ画面が表示されたら、難しく考えずに画像下の「Next >」ボタンをクリックします。

 

インストール先に拘りがなければ、そのままCドライブの直下で問題ありません。

ここではCドライブ直下にインストールした前提で紹介していきます。

 

「Next >」ボタンをクリックします。

 

インストール先が決定したら、次は下記画面が表示されます。

このまま「Next >」ボタンをクリックしてください。

 

インストールが開始されます。

 

問題なくインストールが完了すれば下記画面が表示されます。

「Finish」ボタンをクリックしてインストール完了です。

 

Pepper用Python SDKのインストール

次はPepper用のPython SDKのインストールです。

コレグラフのダウンロードと同様に、アルデバランロボティクス社のWebページからダウンロードできます。

 

下記画像の赤枠で囲った部分をクリックしてセットアップファイルをダウンロードしてください。

 

下記画像のようにセットアップファイルをダウンロードできたら、ダブルクリックしてインストールしましょう。

 

先ほどと同様に難しく考えずに「次へ」ボタンを次々と押しながらインストールしてください。

無事インストールすることができたら、次は qibuild のインストールです。

 

(注意)

セキュリティソフトによっては、このPython SDKがインストールできない場合があります。

その際は、一度セキュリティソフトを無効にしてからインストールしてください。

 

環境変数PATHの追加

次はPython PATHを環境変数に追加しましょう。

PATHの追加って何?って思う方も多いと思います。

 

簡単に説明すると、シェルコマンドを打ち込んだ際に、参照先のフォルダにPythonフォルダを参照しにいくようにする登録の事です。

 

登録と言っても難しいことはないので以下の画像の流れに沿って、登録してください。

システムのプロパティから画面下にある「環境変数」をクリックしてください。

 

環境変数のポップアップ画面が表示されたら、システム環境変数のPathを選択してから編集ボタンをクリックしてください。

 

下の画像を参考に新規にPathを追加してください。

追加するPathは以下の2つです。

  1. C:\Python27
  2. C:\Python27\Scripts

Cドライブの直下にインストールしていない場合は、Python27をインストールしているパスを指定してください。

これで環境変数へのPathの追加は終了です。

 

qibuildのインストール

次はqibuildのインストールです。

qibuildとはPepper用のコマンドツール群です。

qibuildをインストールしないと、PythonからPepperを動かすことができません。

 

コマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを入力してqibuildをインストールしましょう。

 

以上で環境準備は終了です。

 

PythonでバーチャルPepperを動かしてみよう

環境の準備が終了したら、早速インストールしたPython SDK からコレグラフのバーチャルペッパーを動かしてみましょう。

Pythonを対話モードにし、下記ソースコードを入力してみてください。

ポート番号は必要に応じて変更してください。

ポート番号はコレグラフから確認できます。

無事にpepperを発話させることが出来ました。

 

以上でWindowsでのPepper用Python SDKのセットアップ方法の説明は終了です。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20172/23

天気APIを使用したPepperサンプルプロジェクトの紹介

Pepperで天気APIを使用してみた Pepper入門用として、天気APIを使用したPepperアプリを作成しました。 興…

IBM BluemixとPepperを繋ぐ方法

IBM BluemixとPepperを繋いでみよう アトリエ秋葉原で紹介のあったBluemixとPepperの接続方法について資料が公開さ…

20177/22

Pepperのカメラ映像からリアルタイムで物体検出する方法

Pepperのカメラからリアルタイムに物体検出してみる 以前からチャレンジしてみたかったPepperに搭載されているカメラ映像からの物体検…

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper PepperとBluemix Watsonを使った簡単…

wikipedia全文データからWord2Vecで類義語を抽出してみる

自然言語処理の入門、wikipedia全文データを使ってみる 自然言語処理について何から勉強を始めようかと色々模索していたところ、wiki…

20176/1

jupyter notebookの便利な使い方や起動しなくなった時の対処法

便利なショートカットキー jupyter notebookを便利に使用する上で、最低限知っておけば良いショートカットキーを紹介します。 …

MNISTって何?数字を識別できる学習モデルの作成方法

MNISTとは MNISTとは手書き数字画像60000枚とテスト画像10000枚を集めた画像データセットになります。 ニューラルネッ…

Watson NLCが使えるGUIをPythonで実装する方法

PythonでWatson NLCを使えるGUIを作ってみよう 質問を入力すれば、一番高い確信度を回答として返却してくれるGUIをPyth…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

Watson VisualRecognition を Python GUIで使ってみよう

Watson API 「VisualRecognition」をPythonで使ってみよう Watson API「VisualRecogni…

ページ上部へ戻る