AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper

PepperとBluemix Watsonを使った簡単なアプリを作ってみたので紹介します。

プロジェクトファイルはこちらからダウンロードできます → Language Translator

 

上記アプリを作成にあたり、参考にさせて頂いたサイトも合わせて紹介します。

ChoregrapheからWatsonを使用してみる

 

アプリの作成方法

作成方法を紹介します。

当アプリはWatson APIを使ったことがない方でも簡単に実装できます。

 

Watson APIを使用したアプリの作成方法が理解できれば、他のWatson APIも簡単に使用できるようになります。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

それでは順を追って作成していきましょう。

 

BluemixからLanguage Translatorを作成する

翻訳するソフトの作成は非常に簡単にできます。

まずBluemixにログインし、カタログからLanguage Translatorを選択しましょう。

 

選択すると次画面の右下に「作成」ボタンが表示されますので、クリックしてアプリを作成してください。

 

作成できたら、次画面に表示されている「サービス資格情報」をクリックしましよう。

 

資格情報を取得できる画面が表示されますので、下記画面の赤枠部分をクリックして資格情報を取得しましょう。

 

サービスを使用するにあたっての”url”と”username”、”password”が表示されているはずです。

この資格情報はPepper側で使用することになりますのでメモしておきましょう。

以上でBluemix側の準備は完了です。

 

続いてPepper側のアプリ開発を説明します。

 

Pepperアプリ開発

アプリ開発といっても難しいことはありません。

Pepperが聞き取った言葉を、先ほど作成したLanguage Translatorに受け渡すプログラムソースを作るだけです。

 

準備するボッックスライブラリーはたった2つです。

  1. Speech Reco.
  2. Python Script

以上です。

上記画像のように、線を結んでください。

 

Python Scriptボックスの使用は以下の通りです。

onstartは文字列に変更してください。

 

ソースコードは以下を参照してください。

このソースコードに、先ほど取得したユーザー名とパスワード指定してください。

今回は日本語から英語に変換するPepperを作成しています。

他言語を翻訳したい場合は、必要に応じてパラメータを変更してください。

 

Pepperに翻訳させてみよう

それでは早速バーチャルペッパーで実行してみましょう。

上記画像のように、日本語を英語にPepperが英訳してくれるはずです。

 

注意点

Windows版コレグラフのバーチャルペッパーでは動作しません。

SSLモジュールが無いと怒られます。

とはいえ、実機では動くと思います。(まだ試していないので悪しからず。)

 

また、一から作成する場合は「requests」モジュールが必要になります。

適当なサイトからダウンロードして、プロジェクトファイルに組み込んでください。

 

簡単に実装できますでの、是非チャレンジしてみてください。

 

それではまた!

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20177/22

Pepperのカメラ映像からリアルタイムで物体検出する方法

Pepperのカメラからリアルタイムに物体検出してみる 以前からチャレンジしてみたかったPepperに搭載されているカメラ映像からの物体検…

IBM BluemixとPepperを繋ぐ方法

IBM BluemixとPepperを繋いでみよう アトリエ秋葉原で紹介のあったBluemixとPepperの接続方法について資料が公開さ…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20172/20

Pepperじゃなきゃダメなの?そう思ったら見る動画!

Pepperじゃなきゃだめな理由? Pepper world 2017が終わりました。 実際に見にいった方も多いことでしょう。 …

Watson NLCが使えるGUIをPythonで実装する方法

PythonでWatson NLCを使えるGUIを作ってみよう 質問を入力すれば、一番高い確信度を回答として返却してくれるGUIをPyth…

20172/26

Node-REDでTwitterから必要な情報を取得する方法

Bluemix上でNode-REDを使って必要な情報だけをTwitterから取得する方法 膨大なTwitter情報からほしい情報だけをリア…

20173/5

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 Windows編 前回に続き、今回はWind…

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5 コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明し…

20172/19

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

はじめに 前回の記事でBluemixの登録方法を説明しました。 今日は早速Watson APIを使ってみましょう。 今回使うW…

20172/18

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

はじめに 機械学習を使ってみたいけど、いまいちどこから始めてい良いのかわからない人は、IBMが提供しているコグニティブサービスであるBlu…

ページ上部へ戻る