AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編

プログラムソースをバリバリ記述しながらPepperアプリ開発を実施したい人には、コレグラフは少し物足りない開発ツールです。

そんな方の為なのか、Pepperアプリ開発用のPython 2.7 SDKが準備されています。

ソフトバンクのサイトからダウンロードが可能です。

Windows用とLINUX用とMAC用とそれぞれで準備されています。

自分のOS環境にあったSDKをダウンロードして使用しましょう。

 

Python 2.7 SDKのダウンロードはこちらから

 

ただしMACでの開発環境整備には、System Integrity Protection (SIP)が少々邪魔をして、単純なインストールではプログラムを実行できません。

正確に言うとPATHが通りません。

 

その開発環境の整備に大変苦労したので、ここで紹介します。

また、初めてで良くわからない方向けとしても紹介しています。

これからMACでPepper用Python 2.7 SDK開発環境を整備したい方は是非参考にしてみてください。

 

Python 2.7 SDKをインストールしよう

上記ダウンロードサイトからPython 2.7 SDKをダウンロードしてインストールしましょう。

特に難しいことはないはずです。

Python以外にもJavaやC++も準備されています。

ここではPythonを選択してください。

 

ダウンロード後はファイルが圧縮されたままですので、解凍してください。

 

さて、ここからがターミナルを起動してコマンドで作業していくことになります。

まずはpipをインストールしましょう。

パスワードを聞かれたら管理者パスワードを入力してインストールしてください。

 

pipをインストールできたら、次はqibuildをインストールしましょう。

 

ここまでできたら、次は環境変数の設定です。

ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。

 

PATHを通すことで、Pepperを動かすモジュールが使えるようになるわけですが、

ここでハマりました。

 

いざ実行してみると、

なにやらモジュールがインポートできないとゴチャゴチャ叱られるではありませんか。

 

早速ググってみると原因が分かりました。
System Integrity Protecton (SIP)とかいうセキュリティ機能が働いており、ライブラリーが参照できないとのこと。

参考サイトはこちら

 

でもって、SIPを解除する方法もこちらのサイトで紹介されていたので、すかさず手順に則ってSIPを解除。

 

ここまで実施してから、ようやく下記コードでバーチャルペッパーに会話をさせることに成功しました。

 

 

同じ悩みを持っている方は、参考にしてみてください。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自然言語解析の形態素解析 janome を使ってみよう

形態素解析 janome とは 簡単に説明しますと、自然言語の文章を意味を持つ最長単位に分割し、品詞を判別することができるライブラリです。…

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

Watson NLCに学習データを投入できるGUIの開発方法

Watson NLCに学習データを投入できる画面をPythonで実装する方法 Watson NLCに学習データを投入できる簡単な画面を開発…

TensorFlowのオブジェクト検出APIで物体検出に挑戦

TensorFlowで物体検出APIがリリースされたので早速試してみた googleからの新しい物体検出APIがリリースされました。 …

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper PepperとBluemix Watsonを使った簡単…

20172/20

Pepperじゃなきゃダメなの?そう思ったら見る動画!

Pepperじゃなきゃだめな理由? Pepper world 2017が終わりました。 実際に見にいった方も多いことでしょう。 …

20178/8

動体撮影に特化した監視カメラの作成方法

動く物体を検知して写真撮影をする監視カメラ OpenCVを使えば動体撮影に特化した監視カメラを作成することができるのではないかと考え、実装…

20178/12

監視カメラで撮影した画像を自動でSlackにアップロードする方法

画像確認はSlackが便利 前回紹介した動体撮影に特化した監視カメラの作成方法で、保存した写真をどうやって簡単に確認できるか模索していたと…

Watson APIを活用した英訳するPepperコントローラー

Python GUIを使ってWatson APIを使用したペッパー用コントローラーの作成方法 Watson APIの「LanguageTr…

Watsonと連携したPepper:Speech to Textで音声認識精度を上げてみよう

Watson Speech to Text & pepper Pepper単体でも音声認識機能は持っていますが、如何せん認識精度が悪いのは…

ページ上部へ戻る