AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

Watson VisualRecognition を Python GUIで使ってみよう

Watson API 「VisualRecognition」をPythonで使ってみよう

Watson API「VisualRecognition」を使って、読み込んだ画像が何の画像なのか分析できるGUIを作成してみましょう。

 

実際に以下の画像を見込んでみたところ、

分析結果は以下の通りになりました。

おおよそペンと認識しているようです。

 

JSON結果は以下の通り。

 

VisualRecognitionは機械学習が可能ですが、予め準備されているデフォルトの状態でも画像認識精度は高そうですね。

 

準備するもの

Bluemixにログイン後にWatson API「VisualRecognition」を作成し、サービス資格情報からAPIキーを取得してください。

Pythonの開発環境準備は以下の記事を参考にしてください。

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

ソースコード

 

ソースコードはこちらからダウンロードできます。 → Visual Recognition.zip

 

GUIなんて要らないから、とりあえず動かしてみたいという方は以下のソースを参考にしてみてください。

こちらのソースはrequests.postで結果を取得するソースとなっています。

 

ソースコードのダウンロードはこちらから → VR.zip

 

是非試してみてください。

 

それではまた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう 話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPep…

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

Watson APIを活用した英訳するPepperコントローラー

Python GUIを使ってWatson APIを使用したペッパー用コントローラーの作成方法 Watson APIの「LanguageTr…

IBM BluemixとPepperを繋ぐ方法

IBM BluemixとPepperを繋いでみよう アトリエ秋葉原で紹介のあったBluemixとPepperの接続方法について資料が公開さ…

20176/21

カメラ映像からの物体検出

PC内蔵カメラから自分の顔の物体検出をやってみる ほとんど筆者の備忘録的な内容になります。 色々な映像や画像からの物体検出をチャレン…

20178/8

動体撮影に特化した監視カメラの作成方法

動く物体を検知して写真撮影をする監視カメラ OpenCVを使えば動体撮影に特化した監視カメラを作成することができるのではないかと考え、実装…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20177/25

カメラ映像から動く物体の輪郭検出が簡単にできた話

OpenCVを使って動く物体の輪郭検出をやってみた 今更ながらにOpenCVの凄さを実感しました。 まさか物体の輪郭検出までできると…

wikipediaを学習した類義語を話すSlackbotの作成方法

wikipedia日本語全文データから類義語を話すSlackbotを作った話 前回の記事で日本語を学習するマルコフ連鎖を使ったSlackb…

20179/16

Selective Searchを使った映像からの物体検出にチャレンジ

Selective Search 物体検出にチャレンジしている筆者としては、どうやって画像から物体らしき部分を効率よく抽出できるかを日々模…

ページ上部へ戻る