AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

Watosn Speech to Text をPythonで使ってみよう

Watson APIのSpeech to TextをPythonで実装してみましょう

WatsonのSpeech to textを使用するには、Bluemixのユーザーアカウントが必要になります。

まだ登録していない方は以下の記事を参考にしてください。

IBM Bluemix登録方法30日間は無料で使用できるぞ

 

Python SDKも必要になります。

Python環境構築は以下の記事を参考にしてください。

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

BluemixからSpeech to Textを作成しよう

Speech to TextアプリをBluemix上で作成しましょう。

アプリの作成方法は以下の記事を参考にしてください。

カタログ上で選択するアプリを変更するだけです。

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

 

アプリケーションが作成できたら、Bluemixのダッシュボード上のサービス欄にSpeech to Textが表示されていることを確認しましょう。

サービスを使用するためのサービス資格情報は、上記赤丸部分をクリックすれば次画面で取得できます。

API発行時に使用するのでメモしておきましょう。

 

音声データの準備

次は音声データの準備です。

特に難しいことはありません。

Windowsであればボイスレコーダーを使用して音声を取得できますし、MACであればQuickTime Playerのファイルメニュー内にある新規オーディオ収録から録音が可能です。

 

ただし注意点として、Speech to Textでは使用できる音声データが決まっています。

使用できる音声データは、FLAC、WAV、OGGといった形式になるため、WindowsやMACで録音した音声データをそのまま使用することができません。

適当なツールなりサイトなりを利用して、Speech to Textで使用できる音声データに変換しておきましょう。

 

この例では「こんにちは。今日も元気です」と録音したデータを使用しています。

 

Pythonコード

Pythonコードは以下通りです。

特に難しくありません。

ソースコードのダウンロードはこちらから → speech-to-text.zip

 

上記ソースを実行して、結果画面に録音した音声データのテキストが表示されていれば成功です。

「こんにちは」が「今日は」になっていますが、ひとまずテキスト化には成功しているようです。

 

ぜひお試しあれ。

 

それではまた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言葉を自動学習するSlackbotをマルコフ連鎖で実装

マルコフ連鎖とは 簡単に説明すると、マルコフ連鎖を使用すれば既存の文章を元にして自動で文章を生成することができるようになります。 ロ…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20176/1

jupyter notebookの便利な使い方や起動しなくなった時の対処法

便利なショートカットキー jupyter notebookを便利に使用する上で、最低限知っておけば良いショートカットキーを紹介します。 …

20173/5

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 Windows編 前回に続き、今回はWind…

20175/7

綺麗にAnacondaをアンイストールする方法 For macOS

Anacondaのアンインストールメモ macOSにインストールしたAnacondaのアンインストールに手こずったので、忘れないようにする…

20172/18

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

はじめに 機械学習を使ってみたいけど、いまいちどこから始めてい良いのかわからない人は、IBMが提供しているコグニティブサービスであるBlu…

Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう 話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPep…

Deep Learningを活用したChatBotをKerasで実装してみよう

Deep Learningを活用したChatBot Kerasを使ったChatBotの作成に挑戦したので、環境準備も含めて紹介します。 …

Watsonと連携したPepper:Visual Recognitionで画像が分析できるPepper開発

PepperでWatson API「Visual Recognition」を使ってみよう Pepperに搭載してあるカメラから、今映し出し…

20172/19

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

はじめに 前回の記事でBluemixの登録方法を説明しました。 今日は早速Watson APIを使ってみましょう。 今回使うW…

ページ上部へ戻る