Pepperコントローラー for Python

PythonでPepperコントローラーを作成

Pepperを簡単に動かせるPepper用コントローラーをPythonで作成してみましょう。

必要な環境構築は以下の記事を参考にしてください。

Pepper用Python2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

今回はPython GUIが簡単に作成できるTkinterを使って、Pepper用コントローラーを作成してみましょう

 

以下の機能を実装しています。

  1. Pepperへの接続ボタン
  2. 台詞を喋らせるためのテキストボックスとボタン
  3. 移動上の十字ボタン(へぼいのでご容赦ください)
  4. 時刻取得ボタン
  5. ニュース取得ボタン

完成後のGUIはこんな感じです。

使い方は簡単です。

初めにPepper IP と、ポート番号を入力して接続ボタンを押すだけです。

あとはご自由に使ってみてください。

 

自分で作成するのがめんどくさい人は、直接こちらからソースコードをダウンロードしてください。

peppe-controllerr.zip

 

ソースコードの説明

特に難しいことはありません。

def __init__(self):でGUIを作成し、あとはボタンを押すたびに動く関数を作成しているだけです。

入力ボックスには予めデフォルトで値を表示させています。

もちろん入力値の変更は可能です。

 

ソース頭に定義してある各モジュールは、必要に応じてpipでインストールしてください。

実行時にモジュールが無いというようなエラーが出る場合はインストールが必要です。

 

もっといいソースの記載方法があればご教授頂けるとうれしいです。

 

実行してみましょう

適当なボタンを押して、Pepperが反応すれば成功です。

今回はバーチャルペッパーで実行していますが、おそらく実機でも動くはずです。

ぜひお試しあれ。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP