Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう

話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPepperを開発してみましょう。

話しかけた言葉をしっかり認識できるPepperの開発方法は「Watsonと連携したPepper:Speech to Textで音声認識精度を上げてみよう」で紹介していますので参考にしてみてください。

 

準備するもの

コレグラフの準備。

使用するWatson APIは「Language Translator」です。

Bluemixの登録方法は以下の記事を参考にしてください。

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

 

登録が済んでいる方は「Language Translator」を作成しましょう。

カタログの中から「Language Translator」を選択し、そのまま次画面下部の作成ボタンでアプリを作成しましょう。

 

プロジェクトファイルの説明

人の発した言葉を認識するために「Watson Speech to Text」を使用しています。

「Watson Speech to Text」で音声をテキスト化したあとに「Language Translator」を使って日本語を英語に英訳しています。

 

プロジェクトファイル内の「Watson lang」Pythonボックスライブリのソース内は以下の通りです。

 

プロジェクトファイルのダウンロードはこちらから → Language Translator.zip

 

実機での動作確認は済んでいます。

 

ぜひ使ってみてください。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP