AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

20177/22

Pepperのカメラ映像からリアルタイムで物体検出する方法

Pepperのカメラからリアルタイムに物体検出してみる

以前からチャレンジしてみたかったPepperに搭載されているカメラ映像からの物体検出にチャレンジしてみたので、その内容の紹介になります。

物体を検出できるPepperができれば、その情報から次のアクションを起こすことが可能になるため、Pepperの使用用途が飛躍的に上がるのではないかと考えています。

さらに、リアルタイム映像をPCに映し出すことができればPepperの遠隔操作も可能になるので、さらに使用用途を広げることができるようになります。

Pepperからの映像取得に興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

 

開発環境

MacBook Pro(13-inch,2016)

プロセッサ 2.9 GHz intel Core i5

ubuntu 16.4 LTS

python 2.7.12

OpenCV 3.2.0

pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-linux64

Pepper実機

 

今回はubuntuで開発しています。

これは単純にOpenCVがインストールし易かったからです。

macでanacondaなしにOpenCVをインストールすると、なぜかうまくインストールできなかったためです。

anaconda環境ですとPython SDK(pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-linux64)が使えませんしね。

 

 

Pepperのカメラを使用しますので、バーチャルペッパーでは確認できません。

Pepper実機での確認になりますので、お持ちでない方はアトリエ秋葉原で試してみてください。

 

参考にさせて頂いたサイト

GitHubのソースコードを参考にさせて頂きました。

こちらのソースコードはPepperのカメラ映像をPCに出力するソースコードになっています。

 

物体検出するソースコード

今回はOpenCVのカスケードファイルを使って人の顔を検出してみました。

OpenCVのカスケードファイルを使った物体検出方法については、以下の記事を参考にしてください。

OpenCVで簡単リアルタイム物体検出

 

以下ソースコードです。

PepperのIPアドレスとカスケードファイルのパス指定を間違えないようにして頂ければ、以下のソースコードそのままで動くと思います。

 

成功すれば、以下の画像のようにPeperのカメラで顔を識別できるようになります。

 

注意点

何度か接続し直していると、カメラ映像を取得できなくなります。

おそらく、unsubscribeメソッドを実行せずにプログラムを終了させることで発生するような気がするのですが、videoDevice.unsubscribe(‘test’)メソッドでビデオモジュールの登録を解除してもエラーが出続けてしまうことがあります。

その場合は、Pepper実機を再起動してください。(これがまた時間がかかる・・・)

 

今後の目標

今回、PepperでOpenCVを使ったリアルタイム映像からの物体検出ができるようになったので、今後はDeepLearning(ディープラーニング)で作成した学習モデルで特定の物体を検出できるようにチャレンジしていきたいと思います。

 

それができるようになれば、例えば人探しをするPepperを作成することだって可能になります。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

 

それではまた

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20175/22

アトリエ秋葉原リニューアルオープン

アトリエ秋葉原がリニューアルオープン 2017年5月20日にアトリエ秋葉原の改装工事が終了し、リニューアルオープンイベントが開催されました…

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編 プログラムソースをバリバリ記述しな…

20175/7

綺麗にAnacondaをアンイストールする方法 For macOS

Anacondaのアンインストールメモ macOSにインストールしたAnacondaのアンインストールに手こずったので、忘れないようにする…

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

物体検出用SSD_Kerasで使える学習モデルの作成方法

学習モデルの作成 サンプルソースコードのSSD_kerasを使ってリアルタイム映像からの物体検出ができるようになると、自分で学習させたモデ…

20178/12

監視カメラで撮影した画像を自動でSlackにアップロードする方法

画像確認はSlackが便利 前回紹介した動体撮影に特化した監視カメラの作成方法で、保存した写真をどうやって簡単に確認できるか模索していたと…

Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう 話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPep…

Watsonと連携したPepper:Speech to Textで音声認識精度を上げてみよう

Watson Speech to Text & pepper Pepper単体でも音声認識機能は持っていますが、如何せん認識精度が悪いのは…

20178/29

TensorFlowでFashion-MNISTを試してみた

ファッション画像?でMNIST Fashion-MNISTというデータセットが公開されたので早速試してみました。 MNISTとの違い…

YOLO v2の物体検出とVGG16の画像認識との組み合わせが凄すぎた!

YOLO v2にVGG16を組み合わせて使用してみよう ある日、閃きました。 YOLO v2の物体検出の精度に、VGG16の画像認識…

ページ上部へ戻る