AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

20176/14

OpenCVで簡単リアルタイム物体検出

OpenCVを使った物体検出

映像からただ単に物体検出を試してみたいだけなら、すぐにでも試せる方法を紹介します。

SSD_kerasを使った物体検出は環境準備が大変であるのに対して、OpenCVインストール時に初めから準備されているカスケードファイルを使えば、すぐにでも物体検出が始められます。

手軽に始めてみたい方は、ぜひ当記事を参考にしてください。

 

テスト環境

macOS Sierra

Anaconda3-4.2.0-MacOSX-x86_64

opencv3 3.1.0

 

物体検出を試してみる

まず手始めに、胴体を検出できるカスケードファイル(haarcascades/haarcascade_fullbody.xml)を使用して試してみます。

成功するとこんな感じで動画が見れるはずです。

四角枠の上に”p”を表示しています。

cv2.putText()メソッドを使用すると、画面上に表示できるようです。

この方法については「Raspberry Pi 深層学習でリアルタイム顔認識(Keras・Open CV)」の記事で紹介されていたものをそのまま活用しました。

 

続いて、人の顔(haarcascades/haarcascade_frontalface_alt.xml)と目(haarcascade_eye.xml)の物体検出を試してみました。

顔はそれなりに検出できるようですが、目はイマイチな感じですね。

精度を上げたければ、自分でカスケードファイルを作成するしかなそうです。

 

anacondaインストール後にOpenCVをインストールすれば、直ぐにでも映像からの物体検出ができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

それではまた。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20178/8

動体撮影に特化した監視カメラの作成方法

動く物体を検知して写真撮影をする監視カメラ OpenCVを使えば動体撮影に特化した監視カメラを作成することができるのではないかと考え、実装…

YOLOv2のリアルタイム物体検出をTensorFlowとPythonで実装する方法

YOLO v2をどうしてもPythonで使ってみたかったので作ってみた 数多くあるオブジェクト物体検出の中で、処理速度が最も早い?と言われ…

20176/6

大量の画像から顔の部分のみトリミングして保存する方法

OpenCVを使った顔抽出 前回の記事で、OpenCVを使った顔認識を紹介しました。 今回は大量の画像から顔の部分だけをトリミングし…

ディープラーニングで美人女優の顔検出に挑戦

美人女優で学習モデルを作成 以前紹介したcifar10を使った学習モデルのモノマネで、自分で準備した画像から学習モデルを作成することに挑戦…

YOLO v2の物体検出とVGG16の画像認識との組み合わせが凄すぎた!

YOLO v2にVGG16を組み合わせて使用してみよう ある日、閃きました。 YOLO v2の物体検出の精度に、VGG16の画像認識…

リアルタイム映像からの美人女優検出

リアルタイム映像から特定の人物検出 以前からやってみたかった映像からの特定人物検出にチャレンジしてみたので、その内容の紹介です。 S…

R-CNNを「Tensorflow x Pepper」で実装する方法

アトリエ秋葉原で勉強会を開催 アトリエ秋葉原で勉強会の講師を努めさせて頂きました。 独学でDeepLearningを学んで「Tens…

20176/21

カメラ映像からの物体検出

PC内蔵カメラから自分の顔の物体検出をやってみる ほとんど筆者の備忘録的な内容になります。 色々な映像や画像からの物体検出をチャレン…

映像物体検出(SSD_Keras)を簡単に実装する方法 for maxOS

簡単に映像物体検出を試す方法 以前の記事で、ubuntuを使った映像検出を紹介しましたが、OpenCVの環境構築等に結構戸惑ったので、もっ…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

ページ上部へ戻る