DeepLearningに必要なソフトウェアのセットアップ

DeepLearningに必要なソフトウェアをubuntuにインストール

ubuntuをインストールしたら、次はソフトウェアの環境準備に取り掛かりましょう。

ubuntuのインストールがまだの方はこちらへどうぞ。

 

ubuntuをインストール時は、Python2系が標準でインストールしてあるのみです。

PythonだけではDeepLearningを学習するうえでは不十分なので、DeepLearningを色々試していくための便利なツールをインストールしていきましょう。

 

参考にした書籍

これからDeep Learningの勉強をするなら、こちらで紹介する書籍が参考になります。

 

Gitのインストール

Gitはソースコード管理ツールです。

簡単にターミナルからインストールできます。

以下のコマンドを打ち込みましょう。

パスワードを聞かれますので、管理者パスワードを入力すればインストールが始まります。

 

pipのインストール

Python用のパッケージ管理ツールpipをインストールします。

以下のコマンドでインストールできます。

 

OpenCVのインストール

画像認識用のオープンソースライブラリです。

Intelが開発したそうです。

画像を扱わない場合はインストール不要です。

上記コマンドを打ち込んだ後は、インストールに數十分ほど時間がかかります。

筆者の開発環境が仮想環境だから遅いのでしょうか。

インストールに結構時間がかかります。

ターミナル内に意味不明なメッセージが次々と表示されますので気長に待ちましょう。

途中でパスワードが聞かれますので、管理者パスワードを入力しましょう。

 

Chainerのインストール

日本製のフレームワークだそうです。

深層学習するためのフレームワークで、ニューラルネットワークをpythonで記述できるのが特徴です。

以下のコマンドでインストールしましょう。

あっさりインストールできるはずです。

 

Deelのインストール

Deelは深層学習用言語です。

下記コマンドを順に入力してインストールしましょう。

こちらもまたインストールに數十分かかります。

ひとまずこれでソフトウェアの環境準備は完了です。

 

早速、画像認識を試してみましょう

準備が一通りできたところで、早速画像認識を試してみましょう。

パスの通し方とかとりあえず置いといて、deelディレクトリまで移動しexamples内のtest.pyを使ってみました。

使用した画像はこれです。

結果は以下の通り

tabbyは虎猫だそうです。

次にtiger。

まあ、トラに見えなくもないのでしょう。

 

これから色々試していきたいと思います。

 

それではまた。

 

その他のDeepLearning記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP