Deep Learningオススメ書籍

これからDeep Learningの勉強をするなら

Deep Learningを勉強する上で、参考になる書籍の紹介です。

筆者も当サイトを作成していく上で大変重宝している書籍の紹介になりますので、これからDeep Learningを始めてみたい方はぜひ購入して勉強してみてください。

 

ゼロから作る Deep Learning

オライリージャパンから販売されている書籍になります。

外部ライブラリーに頼らず、Deep Learningの基礎をしっかり学ぶことができる書籍です。

ディープラーニングとは何なのか、どういう特徴があるのか、どういう原理で動作しているのかを学ぶことができます。

はじめての深層学習プログラミング

こちらの書籍は、まず動かしてみるところから始めることができる書籍になります。

映像からの画像認識をすぐに試すことができる書籍となっていて、画像認識処理のイメージアップする上では非常にはじめやすい書籍になっています。

深層学習の分野でポピュラーなChainerというフレームワークとTensorflowというフレームワーク、そしてそれらを簡単に使うためのDeelという3つのフレームワークを横断的に使いながらディープラーニングを学ぶことができます。

Pythonによるスクレイピング&機械学習

こちらの書籍は多数のライブラリーの紹介と使い方の説明がある書籍となります。

サンプルコードも豊富で、すぐに試すことができる点がありがたいですね。

pythonの基礎から機械学習/ディープラーニングまでと幅広い内容を紹介していますので、これ1冊熟読するだけでも相当な知識を身に付けることができます。

コンピューターで「脳」が作れるか

こちらの書籍は特化型AIと汎用AIの説明や、人間とAIの関係を論じた書籍になります。

特に汎用人工知能に興味がある方は一読する価値があります。

 

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP