AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

Watson NLCに学習データを投入できるGUIの開発方法

Watson NLCに学習データを投入できる画面をPythonで実装する方法

Watson NLCに学習データを投入できる簡単な画面を開発したので、その作り方を紹介します。

 

Watson NLCに学習データを投入する作業はコマンドラインで投入することが基本になります。

コマンドラインやプログラミングになれている技術屋さんであれば苦にならない仕様ではありますが、そうでない方からしたらWatsonに学習データを投入する作業はなかなかハードルの高いやり方になります。

 

そんなわけで、簡単に学習データを投入できる画面を作成してみたので紹介したいと思います。

 

事前準備

Watson NLCをBluemix上で作成しておく必要があります。

Watson NLCの作成方法については以下の記事を参考にしてください。

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

 

その他、Pythonの開発環境が必要になります。

開発環境の準備は以下の記事を参考にしてください。

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

ソースコード

以下、ソースコードになります。

 

iDirにはCSVファイルを選択するときに、デフォルトで表示するディレクトリパスを指定してください。

特筆する点はそれぐらいです。

ソースコードを直接ダウンロードしたい方はこちらから → file_in.zip

 

それではまた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YOLOv2のリアルタイム物体検出をTensorFlowとPythonで実装する方法

YOLO v2をどうしてもPythonで使ってみたかったので作ってみた 数多くあるオブジェクト物体検出の中で、処理速度が最も早い?と言われ…

物体検出用SSD_Kerasで使える学習モデルの作成方法

学習モデルの作成 サンプルソースコードのSSD_kerasを使ってリアルタイム映像からの物体検出ができるようになると、自分で学習させたモデ…

Watson VisualRecognition を Python GUIで使ってみよう

Watson API 「VisualRecognition」をPythonで使ってみよう Watson API「VisualRecogni…

Tensorflowで映像からの美人女優顔検出学習モデルの見直し

以前の記事で紹介したモデルが使い物にならなかった 以前紹介したリアルタイム映像からの美人女優検出で作成した学習モデルは、とりあえず学習モデ…

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper PepperとBluemix Watsonを使った簡単…

wikipedia全文データからWord2Vecで類義語を抽出してみる

自然言語処理の入門、wikipedia全文データを使ってみる 自然言語処理について何から勉強を始めようかと色々模索していたところ、wiki…

言葉を自動学習するSlackbotをマルコフ連鎖で実装

マルコフ連鎖とは 簡単に説明すると、マルコフ連鎖を使用すれば既存の文章を元にして自動で文章を生成することができるようになります。 ロ…

20172/18

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

はじめに 機械学習を使ってみたいけど、いまいちどこから始めてい良いのかわからない人は、IBMが提供しているコグニティブサービスであるBlu…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

wikipediaを学習した類義語を話すSlackbotの作成方法

wikipedia日本語全文データから類義語を話すSlackbotを作った話 前回の記事で日本語を学習するマルコフ連鎖を使ったSlackb…

ページ上部へ戻る