AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5

コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明します。

筆者はこのパスの通し方に付いて、しばらくハマっていたので、同じ境遇になっている方の助けになればと思い記事にしてみました。

参考にしていただければ幸いです。

 

pynaoqi-python2.7-2.4.3.28-mac64との違い

以前紹介したPepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法と同様のやり方で2.5.5.5のSDKもパスを通せると思っていたら、なぜかimportできないというエラーが発生。

どうにも分からず、それぞれのフォルダの中身を見比べてみたら全然違うということが判明しました。

 

pynaoqi-python2.7-2.4.3.28-mac64のフォルダの中身

 

pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64

 

このようにディレクトリ構造が全然違うわけです。

ということはパスの通す先が「pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64」ではないことが分かりました。

そりゃ、いくら頑張ってもパスが通るわけありません。

しかも、この事実に気づくまでに数時間を費やしました。

 

公式ドキュメントの確認

公式ドキュメントにパスの通し方について説明書きがしっかり書いてありました。

なるほどなるほど。

新しいSDK(pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64)は、前回の記事で紹介したパスの通し方と若干パスを通す先が違うようです。

 

というわけでターミナルで以下のパスを指定してみます。

これで動くはず。

取り敢えず、デスクトップにSDKを保存して試してみます。

 

jupyter notebookでバーチャルペッパーを動かしてみる

それでは早速試してみます。

jupyter notebookを起動してバーチャルペッパーに接続して喋らせてみました。

無事にパスが通っていることを確認できました。

 

めでたしめでたし。

出来ない原因が分かってしまえばどうってことないのですが、ハマってしまうと中々抜け出せなくなるのが人間ですね。

 

同じ理由でハマっている方はぜひ参考にしてみてください。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Watosn Speech to Text をPythonで使ってみよう

Watson APIのSpeech to TextをPythonで実装してみましょう WatsonのSpeech to textを使用する…

20176/1

jupyter notebookの便利な使い方や起動しなくなった時の対処法

便利なショートカットキー jupyter notebookを便利に使用する上で、最低限知っておけば良いショートカットキーを紹介します。 …

wikipedia全文データからWord2Vecで類義語を抽出してみる

自然言語処理の入門、wikipedia全文データを使ってみる 自然言語処理について何から勉強を始めようかと色々模索していたところ、wiki…

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編 プログラムソースをバリバリ記述しな…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう 話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPep…

Deep Learningを活用したChatBotをKerasで実装してみよう

Deep Learningを活用したChatBot Kerasを使ったChatBotの作成に挑戦したので、環境準備も含めて紹介します。 …

Tensolflowで映像からの美人女優顔検出学習モデルの見直し

以前の記事で紹介したモデルが使い物にならなかった 以前紹介したリアルタイム映像からの美人女優検出で作成した学習モデルは、とりあえず学習モデ…

映像物体検出(SSD_Keras)を簡単に実装する方法 for maxOS

簡単に映像物体検出を試す方法 以前の記事で、ubuntuを使った映像検出を紹介しましたが、OpenCVの環境構築等に結構戸惑ったので、もっ…

20178/15

DeepLearningのモデル可視化方法とmatplotlibで学習の様子を可視化する方法

学習モデルの可視化と学習の様子を可視化してみた 何を今更といった内容の記事です。 DeepLearningにチャレンジしてきた筆者で…

ページ上部へ戻る