AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

20172/16

Pepperを勉強したいならアトリエ秋葉原に行ってみよう

はじめに

Pepperの発売が始まってから2年ぐらいが経過しますが、未だにPepperに触ったことのない方も多いのではないかと思います。

 

興味はあるけれども何から始めれば良いか分からないという方や、Pepperアプリの開発ツールであるコレグラフを使ってみたけれど、結局のところ使い方が良く分からずに諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

実際にそういった相談も結構あります。

 

そして、そんな方達に私がまずオススメするのは、基本的な使い方を一からしっかりと学習出来る「アトリエ秋葉原」という場所を紹介しています。

 

こちらはPepperを自由に使わせてくれるだけでなく、しかも毎日無料でPepper開発体験ワークショップを開催していますので、初心者の方にも参加しやすい環境が整っている場所になります。

 

え!?プログラミング経験が無くても大丈夫かだって?

プログラミング経験がゼロでも全く問題ありません。

Pepper はプログラミング経験が無くても動かすことが出来る優れた開発ツールでもあるからです。

 

特に首都圏在住の方で、これからのPepperアプリの開発にチャレンジしてみたいと考えている方は、あまり警戒せずにアトリエ秋葉原で開催しているPepper開発体験ワークショップに参加してみることをオススメします。

 

かく言う筆者も、こちらのワークショップに参加して、一通りのPepperの操作方法を勉強させて頂きました。

 

この記事では簡単にアトリエ秋葉原がどんな所なのか紹介していきますね。

 

Pepper開発体験ワークショップは全部で4講習ある

アトリエ秋葉原で開催しているPepper開発体験ワークショップは全部で以下の4つのワークショップがあります。

 

  1. 【新規限定】 Pepper 開発体験 ワークショップ(SDK 基本編 #1 -喋る、動かす、会話する-)
  2. 【経験者限定】Pepper 開発体験 ワークショップ(SDK 基本編 #2 -移動とタブレットの使い方-)
  3. 【経験者限定】Pepper 開発体験 ワークショップ(SDK 基本編 #3 -Pepperで高度な会話を-)
  4. Pepper 開発体験 ワークショップ(SDK 基本編 #4 -タブレットの高度な活用-)

 

上記のワークショップを順番通り受ける必要は無いのですが、特に拘りがないのであれば、一通り順番通りに受けてみると良いでしょう。

 

講師の方は学生の方達がやってくれます。

意外に感じるかも知れませんが、とても社交的な学生さん達が講師として説明して下さいます。

筆者は大学時代を適当に過ごして来たタイプの人間ですので、こういった学生さん達にはとても関心させられます。

 

参加者も色々な方達がこの講習に参加していて、筆者が参加させて頂いたときも、プログラミングの経験が無い社会人の方や親子で参加している中学生までいました。

カップルで参加されている方達もいましたし、社会人1年生もいました。

 

どうしてそんなことが分かるのかですって?

それは講習が始まる時に自己紹介があるからです。

唯一ここだけが緊張した所ですね。

 

でもこの自己紹介のおかげで、みんな仲良く講習を受けることができるようになるので、とても気楽な気持ちになれます。

 

そしてこのPepper開発体験ワークショップ全てを受講すれば、一通り基本的なPepperの使い方を理解することが出来るようになります。

しかも無料で。

 

これで貴方もPepperマスターですね。

 

次はPepperのタッチ&トライに挑戦

Pepper開発体験ワークショップを一通り受講したら、次は実際に自分のアイデアを形にしていきたくなるわけですが、実機が使えなくては話になりませんよね。

Pepper講習を一通り受講したは良いけど、実機が使えないとなると意味がないので、実機を所有していない方向けの予約席もアトリエ秋葉原には用意されています。

 

【経験者限定】Pepper 開発タッチ&トライ 予約席

 

ですね。

筆者もよく予約をしてPepperアプリ開発にチャレンジしていました。

予約時間は1人一台Pepperを占有することが出来るので、落ち着いて自分のペースで開発に専念することが出来ます。

 

また、この予約席の良いところは周りの方達も同様に開発に専念しているところです。

 

皆さん色々な発想でアプリの開発をしていますので、お互いで質問しあったり、不明な所を講師の方達に教えて頂いたり出来ますので、自身のスキルアップする上では大変良い環境となっています。

 

また、他の方達の開発も大変参考になりますし、自分にない発想に気付かされることも多々あります。

参加しているだけで良い刺激を受けることが出来ますし、モチベーションも大きく向上させる事が出来ます。

 

Pepper開発体験ワークショップで一通りPepperの使い方をマスターしたら、是非こちらの予約席で開発をしてみることをオススメします。

 

まとめ

如何でしたか?

まだPepperを触ったことがない方や、開発には興味があるけれど何から始めて良いのかわからないと言う方は、是非一度「アトリエ秋葉原」に足を運んでみてください。

 

自分にはスキルが無いからとか、プログラミング経験が無いからと考える必要はありません。

 

思い立ったら吉日です。

Pepper は誰でも自由に開発できるツールですので、是非チャレンジしてみて自由な発想でアプリを作成してみてください。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編 プログラムソースをバリバリ記述しな…

20172/20

Pepperじゃなきゃダメなの?そう思ったら見る動画!

Pepperじゃなきゃだめな理由? Pepper world 2017が終わりました。 実際に見にいった方も多いことでしょう。 …

20177/22

Pepperのカメラ映像からリアルタイムで物体検出する方法

Pepperのカメラからリアルタイムに物体検出してみる 以前からチャレンジしてみたかったPepperに搭載されているカメラ映像からの物体検…

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper PepperとBluemix Watsonを使った簡単…

20173/11

Pepperコントローラー for Python

PythonでPepperコントローラーを作成 Pepperを簡単に動かせるPepper用コントローラーをPythonで作成してみましょう…

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

Watsonと連携したPepper:NLCを使用して質問に答えるPepperを作ってみよう

Watson NLCと連携して質問に回答できるpepper作成 前回記事で紹介した「Watsonと連携したPepper:Speech to…

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5 コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明し…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20173/5

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 Windows編 前回に続き、今回はWind…

ページ上部へ戻る