AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

TensorFlowのオブジェクト検出APIで物体検出に挑戦

TensorFlowで物体検出APIがリリースされたので早速試してみた

googleからの新しい物体検出APIがリリースされました。

筆者はもともと物体検出には興味があったので、これは早速試してみる価値があると思いチャレンジしてみたのですが、結局色々ハマって実際に動かせるようになるまで時間がかかったのでその内容の紹介です。

同じ悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

 

開発環境

iMac (27-inch, Late 2012)

プロセッサ 2.9 GHz intel Core i5

macOS Sierra バージョン 10.12.4

Anaconda3-4.2.0-MacOSX-x86_64

python 3.5.2

tensorflow 1.1.0

 

オープンソースのダウンロード

GitHubからダウンロードしましょう。

該当のソースコードはjupyter notebookで動かせるようにリリースされています。

目的のソースコードは、

models-master > object_detection

内にある、

object_detection_tutorial.ipynb

です。

チュートリアル付きなので英語が得意な人には親切な作りになっています。

 

また、これからDeep Learningの勉強をするなら、こちらで紹介する書籍も参考になりますので一読してみることをオススメします。

 

いきなり意味不明なエラーに悩まされる

毎回思うのですが、だいたいこの手のオープンソースは初っ端はうまく動きません。

英語のマニュアルを隅から隅まで読めば問題ないのでしょうが、いつも意味不明なエラーで出鼻を挫かれます。

何とかならんもんですかね。

 

さて愚痴はこれぐらいにして、今回いきなり出た意味不明はエラーは以下のようなエラーでした。

 

見たこともないエラーが吐き出され色々ググってみると、こちらのサイトで以下のコマンドを”models-master”ディレクトリで打ち込む必要があるようなことが記載されていました。

 

まったく意味がわからないコマンドですが、打ち込んでから実行してみると、このエラーは見事に解消しました。

 

新たなエラーが発生

続いて新たなエラーです。

いい加減にしてくれという感じで、以下のエラーが発生しました。

 

今までの経験からこの手のTyperErrorってエラーは、バージョンによるエラーがではないかとすぐに勘が働き、tensorflowを1.0.0から1.1.0にバージョンアップしてから実行すると、見事に解消されました。

 

ようやく動いたけど・・・

実行結果が以下の写真。

クラスの文字が小さすぎる。

っていうか読めない。

 

直し方もよく分かりませんでした。

誰かおしえてください。

 


その他の物体検出記事はこちらから

 

それではまた。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編 プログラムソースをバリバリ記述しな…

20176/6

大量の画像から顔の部分のみトリミングして保存する方法

OpenCVを使った顔抽出 前回の記事で、OpenCVを使った顔認識を紹介しました。 今回は大量の画像から顔の部分だけをトリミングし…

Watson NLCに学習データを投入できるGUIの開発方法

Watson NLCに学習データを投入できる画面をPythonで実装する方法 Watson NLCに学習データを投入できる簡単な画面を開発…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20174/29

jupyter notebookのインストールに失敗した時の対処法(MAC)

jupyter notebookのインストールに失敗 簡単にインストールできると思った「jupyter notebook」のインストールに…

20178/12

監視カメラで撮影した画像を自動でSlackにアップロードする方法

画像確認はSlackが便利 前回紹介した動体撮影に特化した監視カメラの作成方法で、保存した写真をどうやって簡単に確認できるか模索していたと…

映像物体検出(SSD_Keras)を簡単に実装する方法 for maxOS

簡単に映像物体検出を試す方法 以前の記事で、ubuntuを使った映像検出を紹介しましたが、OpenCVの環境構築等に結構戸惑ったので、もっ…

20176/21

カメラ映像からの物体検出

PC内蔵カメラから自分の顔の物体検出をやってみる ほとんど筆者の備忘録的な内容になります。 色々な映像や画像からの物体検出をチャレン…

20176/14

OpenCVで簡単リアルタイム物体検出

OpenCVを使った物体検出 映像からただ単に物体検出を試してみたいだけなら、すぐにでも試せる方法を紹介します。 SSD_keras…

20176/1

jupyter notebookの便利な使い方や起動しなくなった時の対処法

便利なショートカットキー jupyter notebookを便利に使用する上で、最低限知っておけば良いショートカットキーを紹介します。 …

ページ上部へ戻る