AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

Watsonと連携したPepper:Visual Recognitionで画像が分析できるPepper開発

PepperでWatson API「Visual Recognition」を使ってみよう

Pepperに搭載してあるカメラから、今映し出している画像がなんの画像なのか判別できるPepperを作ってみたので紹介します。

これをもっと応用できれば、色々なことに使えそうですね。

 

準備するもの

コレグラフを使用します。

Watson APIは「Visual Recognition」を使用しますので、Bluemix上で「Visual Recognition」アプリを作成しておく必要があります。

Bluemixの登録がまだの方は以下の記事を参考にしてください。

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

 

Bluemixの登録が済んでいる方は、カタログメニューから「Visual Recognition」を選択してアプリを作成してください。

 

プロジェクトファイルの説明

仕組みは簡単です。

まず、「Take Picture」ボックスで写真を撮ってから、写真を保存しているパスをWatosn API「Visual Recognition」を組み込んでいる次の「Python Script」ボックスに繋いでいきます。

その分析結果を「Say Text(2)」でしゃべらせています。

ボックス名が色々適当なのはご容赦ください。

 

「Take Picture」ボックスは写真のパスを出力するようにカスタマイズしています。

以下ソースコードの最後のロジック「self.onStopped」に「r」を指定しています。

この「r」には1行上のパスを出力するように設計しています。

 

Watson API「Visual Recognition」を組み込んでいる「Python Script」のソースは以下の通りです。

 

プロジェクトファイルのダウンロードはこちらから → Visual Recognition.zip

 

実機で動作確認済みです。

是非お試しあれ。

 

ただ、URLに
‘https://gateway-a.watsonplatform.net/visual-recognition/api/v3/classify’

を指定すると何故かエラーになるので、エラー内容に沿って以下のアドレスを指定したらうまく動きました。
‘https://access.alchemyapi.com/visual-recognition/api/v3/classify’

原因が良く分かりませんが、知っている方がいればぜひご教授ください。

よろしくお願い致します。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

R-CNNを「Tensorflow x Pepper」で実装する方法

アトリエ秋葉原で勉強会を開催 アトリエ秋葉原で勉強会の講師を努めさせて頂きました。 独学でDeepLearningを学んで「Tens…

Watsonと連携したPepper:NLCを使用して質問に答えるPepperを作ってみよう

Watson NLCと連携して質問に回答できるpepper作成 前回記事で紹介した「Watsonと連携したPepper:Speech to…

20174/12

コレグラフでPepper2台を同時に喋らせる簡単な方法

Pepperを2台使って、同時に会話をさせる方法 コレグラフを使えば、Pepper複数台を同時にしかも簡単に会話をさせることができます。 …

20172/19

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

はじめに 前回の記事でBluemixの登録方法を説明しました。 今日は早速Watson APIを使ってみましょう。 今回使うW…

Watosn Speech to Text をPythonで使ってみよう

Watson APIのSpeech to TextをPythonで実装してみましょう WatsonのSpeech to textを使用する…

20173/11

Pepperコントローラー for Python

PythonでPepperコントローラーを作成 Pepperを簡単に動かせるPepper用コントローラーをPythonで作成してみましょう…

20172/23

天気APIを使用したPepperサンプルプロジェクトの紹介

Pepperで天気APIを使用してみた Pepper入門用として、天気APIを使用したPepperアプリを作成しました。 興…

Watsonと連携したPepper:話しかけた言葉を英訳してくれるPepper

Watson APIの「Language Translator」をPepperで使ってみよう 話しかけた言葉をそのまま英訳してくれるPep…

20172/16

Pepperを勉強したいならアトリエ秋葉原に行ってみよう

はじめに Pepperの発売が始まってから2年ぐらいが経過しますが、未だにPepperに触ったことのない方も多いのではないかと思います。 …

20173/3

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

コレグラフを使用しなくてもPepperを動かせるPython 2.7 SDKセットアップ方法 MAC編 プログラムソースをバリバリ記述しな…

ページ上部へ戻る