AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

Watsonと連携したPepper:Visual Recognitionで画像が分析できるPepper開発

PepperでWatson API「Visual Recognition」を使ってみよう

Pepperに搭載してあるカメラから、今映し出している画像がなんの画像なのか判別できるPepperを作ってみたので紹介します。

これをもっと応用できれば、色々なことに使えそうですね。

 

準備するもの

コレグラフを使用します。

Watson APIは「Visual Recognition」を使用しますので、Bluemix上で「Visual Recognition」アプリを作成しておく必要があります。

Bluemixの登録がまだの方は以下の記事を参考にしてください。

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

 

Bluemixの登録が済んでいる方は、カタログメニューから「Visual Recognition」を選択してアプリを作成してください。

 

プロジェクトファイルの説明

仕組みは簡単です。

まず、「Take Picture」ボックスで写真を撮ってから、写真を保存しているパスをWatosn API「Visual Recognition」を組み込んでいる次の「Python Script」ボックスに繋いでいきます。

その分析結果を「Say Text(2)」でしゃべらせています。

ボックス名が色々適当なのはご容赦ください。

 

「Take Picture」ボックスは写真のパスを出力するようにカスタマイズしています。

以下ソースコードの最後のロジック「self.onStopped」に「r」を指定しています。

この「r」には1行上のパスを出力するように設計しています。

 

Watson API「Visual Recognition」を組み込んでいる「Python Script」のソースは以下の通りです。

 

プロジェクトファイルのダウンロードはこちらから → Visual Recognition.zip

 

実機で動作確認済みです。

是非お試しあれ。

 

ただ、URLに
‘https://gateway-a.watsonplatform.net/visual-recognition/api/v3/classify’

を指定すると何故かエラーになるので、エラー内容に沿って以下のアドレスを指定したらうまく動きました。
‘https://access.alchemyapi.com/visual-recognition/api/v3/classify’

原因が良く分かりませんが、知っている方がいればぜひご教授ください。

よろしくお願い致します。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

IBM BluemixとPepperを繋ぐ方法

IBM BluemixとPepperを繋いでみよう アトリエ秋葉原で紹介のあったBluemixとPepperの接続方法について資料が公開さ…

20172/18

IBM Bluemix登録方法 30日間は無料で使用できるぞ

はじめに 機械学習を使ってみたいけど、いまいちどこから始めてい良いのかわからない人は、IBMが提供しているコグニティブサービスであるBlu…

Watsonと連携したPepper:Speech to Textで音声認識精度を上げてみよう

Watson Speech to Text & pepper Pepper単体でも音声認識機能は持っていますが、如何せん認識精度が悪いのは…

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

20177/22

Pepperのカメラ映像からリアルタイムで物体検出する方法

Pepperのカメラからリアルタイムに物体検出してみる 以前からチャレンジしてみたかったPepperに搭載されているカメラ映像からの物体検…

Watson NLCが使えるGUIをPythonで実装する方法

PythonでWatson NLCを使えるGUIを作ってみよう 質問を入力すれば、一番高い確信度を回答として返却してくれるGUIをPyth…

20172/20

Pepperじゃなきゃダメなの?そう思ったら見る動画!

Pepperじゃなきゃだめな理由? Pepper world 2017が終わりました。 実際に見にいった方も多いことでしょう。 …

Watson VisualRecognition を Python GUIで使ってみよう

Watson API 「VisualRecognition」をPythonで使ってみよう Watson API「VisualRecogni…

Watosn Speech to Text をPythonで使ってみよう

Watson APIのSpeech to TextをPythonで実装してみましょう WatsonのSpeech to textを使用する…

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5 コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明し…

ページ上部へ戻る