SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる

久しぶりのPepperネタです。

最近、Slackbotを学習したので、今度はPepperをSlackから喋らせる機能を作ってみました。

しかもあっさり実装できたので紹介します。

これができるようになると、自分の話したい内容をPepperに代弁させることができるようになります。

もちろん複数人からでも代弁させることができるようになりますので、色々な使い方が考えられそうです。

 

開発環境

pyhton2.7

pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64

macOS Sierra

実機・バーチャルペッパーどちらでも確認済み。

 

フォルダ構成

 

ソースコード

 

 

__init__.pyは空ファイルで大丈夫です。

 

実機で試す場合は、”localhost”をIPアドレスに変更してください。

 

実行

以下のコマンドで実行します。

Slackを起動して、適当な文章を打ち込んだ後にPepperから発話されていれば成功です。

 

実機でも確認済みです。

Slackbotと組み合わせて返事をしてくれるペッパーを作成してみても面白いかもしれません。

 

—-2017/08/20追記—–

SlackからPepperを移動させる簡単の方法が閃いたので追記しておきます。

とても単純です。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP