AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる

久しぶりのPepperネタです。

最近、Slackbotを学習したので、今度はPepperをSlackから喋らせる機能を作ってみました。

しかもあっさり実装できたので紹介します。

これができるようになると、自分の話したい内容をPepperに代弁させることができるようになります。

もちろん複数人からでも代弁させることができるようになりますので、色々な使い方が考えられそうです。

 

開発環境

pyhton2.7

pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64

macOS Sierra

実機・バーチャルペッパーどちらでも確認済み。

 

フォルダ構成

 

ソースコード

 

 

__init__.pyは空ファイルで大丈夫です。

 

実機で試す場合は、”localhost”をIPアドレスに変更してください。

 

実行

以下のコマンドで実行します。

Slackを起動して、適当な文章を打ち込んだ後にPepperから発話されていれば成功です。

 

実機でも確認済みです。

Slackbotと組み合わせて返事をしてくれるペッパーを作成してみても面白いかもしれません。

 

—-2017/08/20追記—–

SlackからPepperを移動させる簡単の方法が閃いたので追記しておきます。

とても単純です。

 

それではまた。

 


その他のPepperアプリ記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

映像からの物体検出(SSD_Keras)に挑戦 for ubuntu

映像からの物体検出 リアルタイム映像からの物体検出に挑戦してみました。 ただし簡単にはできず、色々ハマってえらく苦労したので、同じ悩…

wikipediaを学習した類義語を話すSlackbotの作成方法

wikipedia日本語全文データから類義語を話すSlackbotを作った話 前回の記事で日本語を学習するマルコフ連鎖を使ったSlackb…

YOLOv2のリアルタイム物体検出をTensorFlowとPythonで実装する方法

YOLO v2をどうしてもPythonで使ってみたかったので作ってみた 数多くあるオブジェクト物体検出の中で、処理速度が最も早い?と言われ…

MNISTって何?数字を識別できる学習モデルの作成方法

MNISTとは MNISTとは手書き数字画像60000枚とテスト画像10000枚を集めた画像データセットになります。 ニューラルネッ…

Watson APIを使った翻訳できるPepperサンプル

Watson API(Language Translator)を使ったPepper PepperとBluemix Watsonを使った簡単…

20178/12

監視カメラで撮影した画像を自動でSlackにアップロードする方法

画像確認はSlackが便利 前回紹介した動体撮影に特化した監視カメラの作成方法で、保存した写真をどうやって簡単に確認できるか模索していたと…

20178/30

Fashion-MNISTをCNNで学習させて精度を上げてみた

Fashion-MNISTをCNNモデルで学習 前回の記事「TensorFlowでFashion-MNISTを試してみた」で学習モデルを作…

20172/20

Pepperじゃなきゃダメなの?そう思ったら見る動画!

Pepperじゃなきゃだめな理由? Pepper world 2017が終わりました。 実際に見にいった方も多いことでしょう。 …

言葉を自動学習するSlackbotをマルコフ連鎖で実装

マルコフ連鎖とは 簡単に説明すると、マルコフ連鎖を使用すれば既存の文章を元にして自動で文章を生成することができるようになります。 ロ…

20176/6

大量の画像から顔の部分のみトリミングして保存する方法

OpenCVを使った顔抽出 前回の記事で、OpenCVを使った顔認識を紹介しました。 今回は大量の画像から顔の部分だけをトリミングし…

ページ上部へ戻る