AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

20176/6

大量の画像から顔の部分のみトリミングして保存する方法

OpenCVを使った顔抽出

前回の記事で、OpenCVを使った顔認識を紹介しました。

今回は大量の画像から顔の部分だけをトリミングして保存する方法を紹介します。

機械学習用画像の準備としても使えると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

テスト環境

macOS Sierra

Anaconda3-4.2.0-MacOSX-x86_64

python 3.5.2

opencv3 3.1.0

 

まずは1枚でチャレンジ

in_jpgには抽出元となる画像を保存したパスをしてください。

上記パスにインプットとなる画像を保存してから処理を実行すると、out_jpgにトリミングした顔画像を出力するようにしています。

 

出力結果は以下の通り。

しっかりと顔部分だけをトリミングすることに成功しました。

今回も新垣結衣さんの写真を使いました。

それではこのソースコードを大量の画像でも動くようにカスタマイズしていきたいと思います。

 

大量の画像からの顔抽出

ソースコードが雑なのはご容赦ください。

画像の枚数分だけfor文で動かすようにしています。

minSize=(1,1)としていますので、顔でない部分の抽出がされる可能性が高くなりますが、そこは割り切りましょう。

 

以下出力されてきた画像の一部です。

しっかりと顔部分のトリミングができました。

 

一方で、顔でない部分もいくつか抽出されてきました。

この辺りの画像は人力で削除するしかないですね。

 

OpenCVを上手く使えば、色々な画像編集が一瞬で出来そうですね。

特に人の顔の学習モデルを作成したい場合には重宝しそうです。

 

簡単に出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

それではまた。

 

その他のPython記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20177/15

SlackからPepperを発話させる超簡単な方法

SlackからPepperを喋らせてみる 久しぶりのPepperネタです。 最近、Slackbotを学習したので、今度はPepper…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

自然言語解析の形態素解析 janome を使ってみよう

形態素解析 janome とは 簡単に説明しますと、自然言語の文章を意味を持つ最長単位に分割し、品詞を判別することができるライブラリです。…

20173/11

Pepperコントローラー for Python

PythonでPepperコントローラーを作成 Pepperを簡単に動かせるPepper用コントローラーをPythonで作成してみましょう…

wikipedia全文データからWord2Vecで類義語を抽出してみる

自然言語処理の入門、wikipedia全文データを使ってみる 自然言語処理について何から勉強を始めようかと色々模索していたところ、wiki…

Deep Learningを活用したChatBotをKerasで実装してみよう

Deep Learningを活用したChatBot Kerasを使ったChatBotの作成に挑戦したので、環境準備も含めて紹介します。 …

言葉を自動学習するSlackbotをマルコフ連鎖で実装

マルコフ連鎖とは 簡単に説明すると、マルコフ連鎖を使用すれば既存の文章を元にして自動で文章を生成することができるようになります。 ロ…

MNISTって何?数字を識別できる学習モデルの作成方法

MNISTとは MNISTとは手書き数字画像60000枚とテスト画像10000枚を集めた画像データセットになります。 ニューラルネッ…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

Watson APIを活用した英訳するPepperコントローラー

Python GUIを使ってWatson APIを使用したペッパー用コントローラーの作成方法 Watson APIの「LanguageTr…

ページ上部へ戻る