AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

20176/1

jupyter notebookの便利な使い方や起動しなくなった時の対処法

便利なショートカットキー

jupyter notebookを便利に使用する上で、最低限知っておけば良いショートカットキーを紹介します。

ライン行の表示

「esc + L」

処理の実行

「shif + enter」

ショートカットキー一覧の表示

「esc + H」

選択行を纏めてコメント化

「command + /」

 

ファイル名の変更方法

いつも新規作成時はUntitledというファイル名になるなぁ〜と思っていたら、新規作成時でもしっかりと保存前に変更する方法がありました。

上記赤枠を直接クリックすると、Rename Notebookポップアップ画面が表示され、ファイル名の変更ができます。

筆者はしばらく知りませんでした。

 

jupyter noteobookが起動しなくなったら

macOSの場合、OSのバージョンアップを行うと、以下のようなjupyer notebookが起動しなくなることがある。

こうなってしまうとjupyter notebookを再インストールしても症状が改善しません。

筆者の環境ではchromeを使っていますので、以下を「.bash_profile」に追加して、ターミナルを再起動したら治りました。

「.bash_profile」はhomeフォルダ内にあり、隠しファイルになっています。

Finderの隠しファイルを表示するようにすれば、直接ダブルクリックで起動し編集できます。

 

隠しファイルの表示方法は、

「command + shift + .」

で表示非表示の切り替えが可能です。

 

それではまた!

 

その他のPython記事はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TensorFlowのオブジェクト検出APIで物体検出に挑戦

TensorFlowで物体検出APIがリリースされたので早速試してみた googleからの新しい物体検出APIがリリースされました。 …

20176/14

OpenCVで簡単リアルタイム物体検出

OpenCVを使った物体検出 映像からただ単に物体検出を試してみたいだけなら、すぐにでも試せる方法を紹介します。 SSD_keras…

誰でもできるtensorflowを使ったサンプル画像認識

tensorflowなら簡単に画像認識ができる tensorflowの入門編として、簡単にサンプルソースを使った画像認識を試してみたので、…

20178/12

監視カメラで撮影した画像を自動でSlackにアップロードする方法

画像確認はSlackが便利 前回紹介した動体撮影に特化した監視カメラの作成方法で、保存した写真をどうやって簡単に確認できるか模索していたと…

20179/16

Selective Searchを使った映像からの物体検出にチャレンジ

Selective Search 物体検出にチャレンジしている筆者としては、どうやって画像から物体らしき部分を効率よく抽出できるかを日々模…

20178/8

動体撮影に特化した監視カメラの作成方法

動く物体を検知して写真撮影をする監視カメラ OpenCVを使えば動体撮影に特化した監視カメラを作成することができるのではないかと考え、実装…

映像からの物体検出(SSD_Keras)に挑戦 for ubuntu

映像からの物体検出 リアルタイム映像からの物体検出に挑戦してみました。 ただし簡単にはできず、色々ハマってえらく苦労したので、同じ悩…

20176/3

簡単にできるOpenCVを使った顔検出

画像からの顔検出は意外と簡単 以前から画像に写っている顔の検出ができたら良いなぁって思っていましたが、そう簡単ではないイメージを持っていま…

20178/15

DeepLearningのモデル可視化方法とmatplotlibで学習の様子を可視化する方法

学習モデルの可視化と学習の様子を可視化してみた 何を今更といった内容の記事です。 DeepLearningにチャレンジしてきた筆者で…

Watson NLCが使えるGUIをPythonで実装する方法

PythonでWatson NLCを使えるGUIを作ってみよう 質問を入力すれば、一番高い確信度を回答として返却してくれるGUIをPyth…

ページ上部へ戻る