AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

© AI coordinator All rights reserved.

Watson NLCが使えるGUIをPythonで実装する方法

PythonでWatson NLCを使えるGUIを作ってみよう

質問を入力すれば、一番高い確信度を回答として返却してくれるGUIをPythonで開発してみたので紹介します。

 

いたって簡単なUIになります。

コマンド入力できる方ならUIは必要ありませんが、そうでない方からしてみれば簡単にNLCが使えるUIがあった方が助かりますよね。

そんな思いから作ってみました。

ソースを公開しますので、参考にしてみてください。

事前準備

Watson NLCをBluemix上で作成しておく必要があります。

Watson NLCの作成方法については以下の記事を参考にしてください。

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

 

その他、Pythonの開発環境が必要になります。

開発環境の準備は以下の記事を参考にしてください。

Pepper用Python 2.7 SDK(WIN)セットアップ方法

Pepper用Python 2.7 SDK(MAC)セットアップ方法

 

ソースコード

 

特に難しい部分はありません。

ソースコードはこちらからダウンロードできます。 → NLC.zip

 

それではまた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5 コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明し…

Deep Learningを活用したChatBotをKerasで実装してみよう

Deep Learningを活用したChatBot Kerasを使ったChatBotの作成に挑戦したので、環境準備も含めて紹介します。 …

MNISTって何?数字を識別できる学習モデルの作成方法

MNISTとは MNISTとは手書き数字画像60000枚とテスト画像10000枚を集めた画像データセットになります。 ニューラルネッ…

20175/7

綺麗にAnacondaをアンイストールする方法 For macOS

Anacondaのアンインストールメモ macOSにインストールしたAnacondaのアンインストールに手こずったので、忘れないようにする…

Watson NLCに学習データを投入できるGUIの開発方法

Watson NLCに学習データを投入できる画面をPythonで実装する方法 Watson NLCに学習データを投入できる簡単な画面を開発…

物体検出用SSD_Kerasで使える学習モデルの作成方法

学習モデルの作成 サンプルソースコードのSSD_kerasを使ってリアルタイム映像からの物体検出ができるようになると、自分で学習させたモデ…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

誰でもできるtensorflowを使ったサンプル画像認識

tensorflowなら簡単に画像認識ができる tensorflowの入門編として、簡単にサンプルソースを使った画像認識を試してみたので、…

20172/19

Watson APIのNLCを簡単に作成して使う方法

はじめに 前回の記事でBluemixの登録方法を説明しました。 今日は早速Watson APIを使ってみましょう。 今回使うW…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

ページ上部へ戻る