AI coordinator

人工知能 & ロボティクス

サイト運営者

© AI coordinator All rights reserved.

自然言語解析の形態素解析 janome を使ってみよう

形態素解析 janome とは

簡単に説明しますと、自然言語の文章を意味を持つ最長単位に分割し、品詞を判別することができるライブラリです。

とても簡単に利用できるので、紹介します。

形態素解析 janome を使ってみると、日本語をどのように解析しているのか一目瞭然です。

機械学習を利用したテキスト解析を勉強してみたい方は、ぜひ一度使ってみてください。

 

参考にした書籍

これからDeep Learningの勉強をするなら、こちらで紹介する書籍が参考になります。

 

janomeのインストール

以下のコマンド1行で簡単いインストールできます。

 

janomeは実行も簡単

インストールができたら、早速pythonで実行してみましょう。

以上です。

どうですか?

とても簡単にできますよね。

 

形態素解析 janome の紹介でした。

 


その他の自然言語処理記事はこちらから

 

それではまた。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Watson APIを活用した英訳するPepperコントローラー

Python GUIを使ってWatson APIを使用したペッパー用コントローラーの作成方法 Watson APIの「LanguageTr…

TensorFlowのオブジェクト検出APIで物体検出に挑戦

TensorFlowで物体検出APIがリリースされたので早速試してみた googleからの新しい物体検出APIがリリースされました。 …

YOLOv2のリアルタイム物体検出をTensorFlowとPythonで実装する方法

YOLO v2をどうしてもPythonで使ってみたかったので作ってみた 数多くあるオブジェクト物体検出の中で、処理速度が最も早い?と言われ…

ディープラーニングで美人女優の顔検出に挑戦

美人女優で学習モデルを作成 以前紹介したcifar10を使った学習モデルのモノマネで、自分で準備した画像から学習モデルを作成することに挑戦…

畳み込みニューラルネットワークを使った画像検出モデルの作成方法

深層学習(ディープラーニング)で画像認識に挑戦 以前の記事でMNISTを使った数字画像認識の学習モデルを作成しました。 でも、やっぱ…

YOLO v2の物体検出とVGG16の画像認識との組み合わせが凄すぎた!

YOLO v2にVGG16を組み合わせて使用してみよう ある日、閃きました。 YOLO v2の物体検出の精度に、VGG16の画像認識…

20176/6

大量の画像から顔の部分のみトリミングして保存する方法

OpenCVを使った顔抽出 前回の記事で、OpenCVを使った顔認識を紹介しました。 今回は大量の画像から顔の部分だけをトリミングし…

20176/21

カメラ映像からの物体検出

PC内蔵カメラから自分の顔の物体検出をやってみる ほとんど筆者の備忘録的な内容になります。 色々な映像や画像からの物体検出をチャレン…

DeepLearningを活用した物体検出(SSD_Keras)を可能とするPepper

SSD_KerasをPepperにも 以前紹介したSSD_Kerasによる物体検出を、いつかPepperにも搭載できたら良いなぁなんて思っ…

20176/5

Pepper SDK pynaoqi-python2.7-2.5.5.5-mac64 パスの通し方 for MAC

Pepper SDK 2.5.5.5 コレグラフの新しいバージョン2.5.5.5に対応したpython SDKのパスの通し方に付いて説明し…

ページ上部へ戻る