すぐできるDeepDreaming with TensorFlow で画像生成にチャレンジ

DeepDreamを試す

今更感はあるのですが、以前から興味があったDeepLearningを使った画像生成をやってみたので紹介します。

と言ってもtensorflowのtutorialsのdeepdreamを試しただけです。

ただ簡単に実験できますので、自分の好きな画像で試してみると面白いかと思います。

 

GitHubからソースをダウンロード

GitHubからソースをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、「deepdream.ipynb」を実行するだけです。

 

inception5h.zipのダウンロード

!wgetコマンドが使えるubuntu環境であれば「deepdream.ipynb」を起動するだけで画像生成ができますが、mac環境ですと、

上記部分で「inception5h.zip」がダウンロードできず、’tensorflow_inception_graph.pb’が無いよってことでエラーとなります。

その場合は直接上記のurlから「inception5h.zip」をダウンロードして、’tensorflow_inception_graph.pb’を入手しましょう。

これで動くはずです。

 

実行結果

とりあえず動かして結果を確認してみましょう。

結果を見て「ふ〜ん」てな感じです。

 

インプット画像をフリー画像で試して見ました。

ちょっとキモい画像

花模様が付いた画像

 

上記のような結果となりましたが、ただ動かしただけですとどうなっているか謎なので、途中のソースを除いてみました。

すると、色々パラメータがあることに気づきます。

例えば、

上記のようなパラメータ指定があります。

特に、layerの指定が意味不明ですが、’mixed4d_3x3_bottleneck_pre_relu’でググってみると、以下のサイトがひっかかりました。

この数多くのリンクがlayerのパラメータになっているようで、リンク中を除いてみると多くの画像があることが分かるかと思います。

つまり、どの画像を使用するかは、このサイトを見ればわかるようになっているようです。(多分)

ぜひお試しあれ。

 

それではまた。

その他のDeepLearning記事はこちらから

あなたにオススメの記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP